読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがれ

21歳フリーターのぽんこつブログ

【第一回】闇金ウシジマくん【洗脳くん】

さて、皆様は【闇金ウシジマくん】という漫画を御存知だろうか。

山田孝之を主役に起用し実写ドラマ、映画化に伴い、

世間において一大ムーブメントを巻き起こしている作品の一つです。

 

この作品はありとあらゆる魑魅魍魎の世界です。

その中で筆者の中で最も衝撃的だったエピソードの一つを紹介させていただきます

 

【洗脳くん】

この物語はあるアパレル業界に従事する女性を軸に進んでいきます

筆者が読んだ印象ではこの物語は北九州監禁殺人事件をモチーフにしてますね。

北九州監禁殺人事件 - Wikipedia(参照) 

【洗脳くん】編はこちらの26巻からとなります。

この物語は序盤は非常に緩やかに進んでいきますね。

私からしたら少し物足りないくらいです。(過激な描写がすきなので(笑))

しかし、後半につれ今までのものが布石であったかの如く怒涛の展開を見せます。

上記のリンクのような悍ましい展開に・・・(笑)

このシリーズを読み終えたあと、私は正直いたたまれない気持ちになりました。

しかし、現実にあった事件を題材としているので、妙なリアル感がまた

私をこの世界観に引き込んでいきました(笑)

 

ここからは少しネタバレになります

 

 

この作品はオムニバス形式に進んでいきますので、

シリーズによって物語は独立しております。(主人公の周りの人物は例外)

今回の物語もそのうちの一つであり、ウシジマくんは最後の最後に登場する形と

なっております。

この物語は題名にもなっている通りアパレル業界に従事する「上原まゆみ」という女性を「神童大道」という人物が、家族もろとも【洗脳】していく物語です。

この神童という男…救いようのない悪人です。(笑)

私、この作品はすべて読みましたが、このレベルの悪人見たことありません。

バイオレンスで頭のイカれた(汚い言葉で申し訳ありません…)キャラクターは

数多く登場するのですが、この「パターン」は初めてですね(笑)

ストーリーについては詳しくは記述しませんが、ウシジマくんの行動には

思わず拍手してしまいました(笑)

ラストの爽快感はなかなかに見ごたえがあります。

以上独断と偏見によるmangareレビューでした!