読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがれ

22歳フリーター男の就職するするブログ

【リアル新宿スワン!?】現実の夜職専門スカウトマンって稼げるの??

2005年週刊ヤングマガジンにて連載をスタートさせた「新宿スワン」 世間一般的にはあまり馴染みの無い職業、夜職専門スカウトマンに視点を置いた物語です。舞台は主に歌舞伎町で、この作品で描くのはスカウトをする上でのトラブルだけに留まらず、やくざ…

【エログロ】「少女椿」の世界観がハンパない

昭和初期を思わせる何とも言えないレトロな絵柄のこの作品。こういった絵柄って読む人を凄い選びますよね~。因みにこの作品は全8話で、この一巻で話は完結します。両親を失った少女が一人で見世物小屋に拾われ苦難する物語ですがなんとも後味が悪い仕上が…

【アイアムアヒーロー】パニックホラーの金字塔和製ウォーキング・デッド!?

途中までは和製ウォーキング・デッドと言っても過言ではなかったであろうこちらの作品。2016年には大泉洋を主役に据えて、実写映画化も大ヒットを博しました。 この記事ではウォーキング・デッドとの比較をしつつ原作を通しての感想・ネタバレレビューじ…

【おやすみプンプン】読み終わった後胸にぽっかり穴が開いたような虚無感に襲われるるる【ネタバレ】

すべて読み終えた後になんともやりきれない感情に胸がぎゅーっとなるこの作品 今回は完全主観の感想・考察です。あらすじはこちら↓ mangare.hatenablog.com 田中愛子との逃避行劇 プンプンは南条ではなく田中愛子を選びました。その時タクシーの中でみた南条…

【おやすみプンプン】コミカルな絵に似合わずダークな作風が癖になる!?

コミカルな絵からは想像できないようなダークな一面のあるこの作品。 まず題名・表紙からしてどんな内容なのか全く想像できません。 暗い部屋で一人絶望に浸りたい…。そんなあなたにピッタリの【おやすみプンプン】あらすじ紹介です。 おやすみプンプンとは …

【嘘喰い】ハンドチョッパー【プロトポロス編】

今回、プロトポロス編第三弾ゲームの紹介じゃ! 軽くあらすじ・・・ ストーリーは大きく動き始めます。 斑目の右腕である伽羅の死。それにより獲得する大きすぎる一歩「アウトローの権利」 これを機に斑目はテイパー国(自国)の王になるため動き始めます。 王…

【嘘喰い】矛盾遊戯【プロトポロス編】

プロトポロス編第二弾、今回は 斑目獏協力者:梶隆臣 VS ラロ協力者:フロイド・リー による矛盾遊戯(シバき合い)です。 このゲーム至って単純 よくテレビなんかで見る、「叩いて被ってじゃんけんポン」の強化版です。 芸人がこぞってシバキ合ってお茶の間…

【嘘喰い】「四神包囲だ!!」【プロトポロス編】

今回は【嘘喰い】31巻プロトポロス編 とても単純だが、戦略性の高いこのゲーム… 「四神包囲」の紹介だ!! 嘘喰いとは この漫画ざっくり言うと、ライアーゲームと刃牙を混ぜた感じの作品です(主観) 主人公である斑目獏という生粋のギャンブラーと、戦国…

食糧人類【ネタバレあり】1巻レビュー

なんとなく東京喰種みたいな題名のこの作品。 このコンビの「アポカリプスの砦」に次ぐパニックホラーな仕上がりとなってます。 【食糧人間】 このシンプルな表紙 ということで読んでみた。 正直何番煎じだよ!って思う内容だけど それが癖になります。 もと…

【危険人物】闇金ウシジマくん【鰐戸三蔵】

今回は【ヤミ金くん編】(原作18巻~20巻)に 登場する人物を紹介します。 この作品の中でもひと際危ない人物の一人 鰐戸三蔵です! もう言ってることがヤバいです…( ^ω^) フリガナならぬフリ数字を起用したのはこのお方 以外いないでしょう…。 鰐戸…

【異彩を放つ問題作】「僕たちがやりました」を読んでみた

早速ですが今回の作品、一度は広告かなんかで見たことが ある方も多いかもしれません。 こちらの作品です。 僕たちがやりました(1) [ 荒木光 ] 【僕たちがやりました】 こちらの作品なんてことない日常系の漫画かと思っていましたが、 男子高校生の性の部…

【男性必見】一度は夢見る「終末のハーレム」の世界

「終末のハーレム」という作品を御存知でしょうか。 2016年5月8日から少年ジャンプ+で連載中のこの作品。 物語の舞台は2040年ーーー 近未来に一人の青年が「細胞硬化症」という病により5年間のコールドスリープ を余儀なくされます。(展開早す…

【第一回】闇金ウシジマくん【洗脳くん】

さて、皆様は【闇金ウシジマくん】という漫画を御存知だろうか。 山田孝之を主役に起用し実写ドラマ、映画化に伴い、 世間において一大ムーブメントを巻き起こしている作品の一つです。 この作品はありとあらゆる魑魅魍魎の世界です。 その中で筆者の中で最…